中京圏の大手銀行である名古屋銀行

名古屋銀行の定期預金はどんな商品か

愛知県名古屋市に本拠地を置く名古屋銀行は、顧客のニーズに対応するためにさまざまな定期預金を取り扱っています。扱っている商品としては、全国どこの金融機関でも扱っている一般的な「スーパー定期」「スーパー定期300」などはもちろんですが、一時的に預けたいという顧客にも対応できる定期預金なども独自に販売しています。

スーパー定期などは、他の金融機関で扱われている商品と大差はありません。そして名古屋銀行ならではといえる定期預金を1つ挙げるとすれば、満期自由形定期預金「フリータイム」ではないでしょうか。フリータイムでは、6カ月以上の満期設定を自分で行うことができ、中長期の資金計画に対応して預け入れをしたいという顧客の要望に応えています。例えば1年後に車の車検があるからなど、短期的にお金が必要なライフイベントなどがある場合、フリータイムを活用すれば多少なりとも金利が得られてお得ということです。

名古屋銀行の定期預金金利を見てみると、現実的には都市銀行などにかなうわけもなく、楽天銀行やジャパンネット銀行などの新興勢力であるネットバンクの定期預金の金利に対抗できるほどの高いわけではありません。ですから、本当に金利を追及している顧客については、まだまだ魅力的な商品となりえていないかもしれません。名古屋銀行の今後の取り組みが期待されます。

あと、名古屋銀行にはインターネット支店がありません。ライバルの銀行によってはインターネット支店を設けて、インターネット支店経由での定期預金契約時に金利のプラスを行っています。これらの取り組みも、今後期待しておきたいものです。